スーパーの経営戦略入門

2010年05月28日

『売れない時代の売り方、儲け方』 ~青果部門集合セミナー~

先週九州で青果部門の専門セミナーを開催しました。

40名以上の方々に参加いただきました。

経営者の方や本部や店舗の青果部門担当の方々です。

「今年の目標を設定している人は、手を挙げて下さい」
私は、冒頭で参加者に質問をしてみました。

すると結果は、1人もいませんでした。


今回のセミナーの一番の狙いは、

年度の目標設定を確実に行い、
「一年間、目標を持って行動すること」です。


現在、多くのスーパーマーケット企業で、売上が伸びなくて困っています。

一年が過ぎてしまうのは、あっという間です。

目標(戦略、戦術の設定)に向かって行動するのか、
日々の仕事に追われて行動するのか、
1年後の結果は、大きく違ってしまいます。


市場環境が厳しい現在において、
昨日までと同じことを繰り返すだけでは、
良い結果が出る可能性は限りなく低くなってしまうことでしょう。


今回のセミナーの二番目の狙いは、
パラダイム(ものの捉え方、考え方)の転換です。

「昨日までと同じことを繰り返す」ということは、
自分の今までの知識や経験だけで、行動を繰り返すということです。


普段何気なく行っているルーティン(単純で基礎的な作業)でも、
少し工夫すれば、
考え方ややり方を変えれば、
思ってもいない成果が得られることが沢山あります。

それに気づき、
「行動を変えていく」きっかけをつくってあげることが目的です。


今回のセミナーセミナーを終えて、
結果的に、
参加者の方々から予想以上の反響がありました。

生産性向上セミナー