スーパーの業務改善入門

2014年08月02日

最低賃金など考えるな!(1)

巷では、最低賃金の話題が盛り上がっているように思う。

「今年度の最低賃金の引き上げについて話し合う厚生労働省の審議会は、全国平均の時給で16円引き上げ、780円とする目安を示し、厚生労働省に答申しました」

「引き上げの目安が10円を超えるのは2年連続で、16円の引き上げは去年の引き上げの実績を1円上回る水準です」  ※以上、NHK、NEWS・WEBの記事より
とある。

現状、北海道などで、最低賃金で働いた1か月の収入が、生活保護の受給額を下回る事例も紹介されている。

デフレで悩んできた日本。
国、経済界、経営者、労働者、それぞれの思惑があることは十分に理解できる。

また、私自身も、最低時給が上がることで、クライアントなどから相談を受けることもある。

しかし私は、こんな時、
「最低時給など考えないで、如何に地域一番の給料を払うかを考えましょう」と言っています。


忘れられた、スーパーマーケットの『生産性』


昔から、景気は「気」からと言われるように、経済全体として、人が関わる以上「気」は、重要な要素であることは間違いないと思います。

そして、この時給に関しては、
「人を安く使う」という発想自体が間違っていると私は思います。

日本人は、本来勤勉で向上心を持った、優秀な人材が多い民族です。

その人達に、「如何にして、高い能力を発揮してもらうか」が、会社全体の生産性を考える上で重要なことなのです。


事実、私が業務改善のコンサルティングやセミナーで関わって来た各企業様でも、人時売上高や人時生産性に大幅な格差が有ります。
部門、店舗において、2~3割程度の差はザラに有ります。

スーパーマーケットという業態は、生鮮部門が差別化の要であるという、その業態の性質上、多くの人時を必要とします。
人件費では、売上高対比10%を超える企業も珍しくありません。


ですから、経費の中で断トツに高い人件費の投資効率を上げることが重要です。
人時売上高や人時生産性など「人」に関わる生産性を向上させることが、急務であり、生き残りをかけた戦略上重要なポイントなのです。

10円、20円程度の時給のアップは、大した問題ではありません。

競争の厳しい、スーパーマーケットにおいて、低生産性が、大きな問題なのです。
フォーカスを誤っていると、何時までたっても問題は、解決しません。


躾のできた人を採用する


サービス業という側面から申し上げると、
躾のできた、前向きで、真面目な人を採用することです。

過去にいくらかの経験があり、少しぐらい仕事ができて、入社時良いスタートが切れても、接客や協調性などに問題があれば、結果として高い人件費になってしまいます。


3ヶ月後、半年後、そして、一年後の将来を見据えた、「育つ可能性のある」人の採用を行う必要があります。


また、5年、10年勤続のベテラン(パート)社員の方で、単純作業しかしていない(させてもらっていない)事例を沢山見てきました。
余りにももったいないことです。


時給50円~100円高い採用を考える


また、募集の時、世間相場より(時給)50円~100円程度高い設定で募集するということも、効果的なことです。

私も直接的に実施した経験がありますので、自信を持って言えますが、相当レベルの高い人達が応募してくれます。正に選り取りみどりです。

明るくて、考え方が前向きで、やる気が感じられて、年齢的にも若い元気な方々です。
採用後の仕事の理解と習熟度が高いので、費用対効果は抜群です。

この場合、採用する側の教育の技量が問われることとなりますが、それが可能であれば、スピードを持って、最高のチームを作り上げることが可能となります。



人は、こちらが導いてあげれば、高いレベルまで成長してもらえます。
最低賃金の引き上げなど気にしていてはいけません。

意識を変えて、行動を変えましょう。
結果は、必ず付いてきます。


【お役立ち:関連記事の紹介】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

■生産性の向上に舵をとれ! ⇒http://www.summit-rc.com/blog/2770/
■会議の生産性アップで、スーパーマーケットが変わる! (前編) ⇒www.summit-rc.com/case/2714/
■会議の生産性アップで、スーパーマーケットが変わる! (中編) ⇒www.summit-rc.com/case/2724/
■会議の生産性アップで、スーパーマーケットが変わる! (後編) ⇒www.summit-rc.com/case/2719/


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼ 業務改善の多くの 『成功事例』 を紹介しています。▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

■ コンサルティングの業務改善事例 ⇒http://www.summit-rc.com/case/genre/consulting/

生産性向上セミナー