スーパーの業務改善入門

2013年08月29日

視点を変える・・・消費税率変更

2014年4月より消費税が5%から8%に引き上げられる予定です。
ニュースで取り上げられたり、対策セミナーも各地で開催されています。

消費税率アップ前の駆け込み需要と、
その反動における、変更後の売り上げ低下。

また、この期間の競合店の動きも非常に気になるところです。

そして、
税率アップとそのことにより発生する、棚札変更などの作業やコストアップも大きな問題です。


実際の現場では、
POPの表示方法(税込、本体、税金)や業界や競合他社の動きなど、対応のための協議が進められています。


 長期と短期の視点を持つ

現場も経営者も、
一番気になるところは、新しい売価に変更した場合、
今来て頂いている、お客様の『購買行動がどう変化する』のかということだと思います。

財布から出ていくお金を押さえようとする消費者の買い控えが、
どの程度、自社の店舗の売上に影響するのか?

ハッキリ言って、これは、誰にも分かりません。
実際、国の有識者会議でも、増税の賛否をめぐり、意見が分かれている状態です。


ここで、大事なことは、
長期と短期の視点を持って考え、行動することが重要であるということです。


過去の消費税導入、税率変更の時を見ても、短期の影響は必ず起こります。
しかし、
中期、長期の視点でこれを考えてみると、大した問題ではないのです。

経済状況の変化の方が消費に大きな影響を及ぼします。
税率アップが中長期にわたって直接的に消費を冷え込ませる訳ではないと思います。


開き直りではありませんが、
いずれ消費税率はアップします。

ですから、
税率アップを受け身で考えるのではなく、戦略的に考えて行動を起こすことが重要です。


ここは、前向きに考え、経営の転換点として捉まえ、
新戦略を打ち出し、販売方法やオペレーションを見直す、ちょうど良い時期ではないでしょうか。

 

 お客様は、どっちが良いの?」の視点

私は、営業戦略上の課題に対して、クライアントが悩んでいるとき、
「お客様は、どっちが良いの?」
と聞きます。

例えば、
過去に、消費税が導入されたとき、また、税率がアップしたとき、

1.POPに本体価格を大きく表示する
2. 〃  税込売価を   〃

かということが、議論されました。


売る側からすれば、
お客様が、(売場で)安く感じる様に、テクニック的に本体価格を大きく表示するという意見が出てきます。
(しかし、実際レジを通れば、安くない)


最初に消費税が導入されたとき、
それまで100円で変えたお菓子が、103円になりました。

100円玉を握りしめ、目的のお菓子を楽しみに買いに来た小さな子供さんが、買えなくて、がっかりして帰っていきます。

これとは、若干ニュアンスは違いますが、
売場で安く感じても、レジでの支払いは違います。


『総額表示』と『本体価格表示』、
どちらが、お客様に親切でしょうか?

 

 理念、戦略の視点

買い控えが出ることは、避けられないかもしれません。

しかし、これは、長期のことでは無いと思います。


大事なことは、
「だからどうする・・・!」ということです。


やれることは、沢山あります。


加工食品や様日配品、日曜雑貨品などのNB商品などのコモディティ品で、他社と差別化できない物は、
1.そのまま税率分を上乗せして売価変更
2.値頃感を出すために実質値下げ
  ex.203円 ⇒ 200円,199円

ということが必要です。

全体としては、
値入率が低下して、結果として、荒利益率が低下することとなります。

大切なことは、それがどの程度になるかを、単に「損する」という曖昧なことでは無く、
ある程度定量データとして、予算化することです。


荒利低下要因に対する対策ですが、主なものをあげると、

1.新商品を含む、新規取扱い品の導入を積極的に行い、適正値入れを確保する
2.ノン・コモディティ品の導入を       〃      、     〃  
3.生鮮品の荒利率予算を変更する
4.生鮮部門の強化をはかる
5.コスト全般の低減をはかる

など、確実に計画を立てて、実行に移すことです。


また、これらのことは、消費税率アップ対策以外でも、競合状況の厳しさを増す価格競争の対策としても、重要な取り組みです。

 


【お役立ち:関連記事の紹介】▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

■生産性の向上に舵をとれ! ⇒http://www.summit-rc.com/blog/2770/
■会議の生産性アップで、スーパーマーケットが変わる! (前編) ⇒www.summit-rc.com/case/2714/
■会議の生産性アップで、スーパーマーケットが変わる! (中編) ⇒www.summit-rc.com/case/2724/
■会議の生産性アップで、スーパーマーケットが変わる! (後編) ⇒www.summit-rc.com/case/2719/


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼ 業務改善の多くの 『成功事例』 を紹介しています。▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

■ コンサルティングの業務改善事例 ⇒http://www.summit-rc.com/case/genre/consulting/

生産性向上セミナー