スーパーの営業戦略入門

2016年11月27日

顧客は、「良い経験をする」ために、あなたの店に来ている

顧客は、あなたのお店の商品やサービスを購入する時、どの様な結果を自分の生活の中で期待しているでしょうか?
最終的に、何を求めているのでしょう?
それは、具体的に何でしょうか?

あなたのお店は、事前にそれを知っておく必要が有ります。

そこに視点を当てて考え、できるだけ早くそれに応える行動を取ることを強くお勧めします。


殆どの商売に当てはまること。
それが、「顧客の良い経験」にフォーカスしてビジネスをすることです。

「だって・・・」「でも・・・」「しかし・・・」を続けて、こちらの都合で商売をしているお店は少なくありません。
だから、ジリ貧・・・になるのです。
だから、儲からないのです。


「顧客の良い経験」に焦点を当てて行動すれば、意外に簡単に、良い結果が得られるものです。
「だから・・・」と考えるのです。
鮮度がいいもの。
美味しいもの。
愉しいもの。
新たな経験をさせてくれるもの。
簡単なもの。
便利なもの。
安心安全なもの。
健康に良いもの。
美容に良いもの。
・・・・・
・・・・・
・・・・・
全ての人に通じるものは、なかなか無いものです。

しかし、1人ひとりの顧客は、自分なりの良い経験(問題解決の方法)を探しているのです。
その何かに対して、「これなんか、如何ですか・・・?」と優しく教えてあげるのです。


商売を、あまり難しく考えてはいけないと思います。
低価格だけが、商品やサービスの価値では有りません。

絶対価格ではなく、相対価格でお客に判断してもらうものは、世の中にいくらでも在ります。
それを仕入れて、作って、売ってあげるのです。


もう一度言います。
「だから、どうする」が大切なのです。


このことは、私の業務改善コンサルタントとしての立つ位置でもあります。
従業員の視点と顧客の視点に、ビジネスの大きなヒントが隠れています。

 

生産性向上セミナー